【顔画像】阿野茂浩のWiki経歴プロフィール!高校や大学など学歴は?

話題

公益財団法人KDDI財団の理事長である阿野茂浩氏。

そんな阿野氏が覚醒剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されたと報じられました。

報道によると覚醒剤を所持の疑いがもたれているようです。

本記事では、阿野氏のプロフィールや経歴などまとめました。

事件の概要は?

2024年7月5日の夜、東京・新宿区大久保付近で覚醒剤を所持していたようです。

阿野氏は職務質問を受けた際に粉末が入ったビニール袋を持っていました。

粉末の簡易鑑定の結果、覚醒剤と判明したということです。

偶然職務質問を受けたということでしょうか?

もしかしたら、以前からマークされていた可能性もありそうですね。

阿野茂浩のWiki経歴プロフィール!

阿野氏のプロフィールです。

  • 名前:阿野 茂浩(あの しげひろ)
  • 年齢:59歳
  • 職業:公益財団法人KDDI財団の理事長
  • 罪状:覚醒剤取締法違反の疑い

阿野氏は、大学院修士を修了KDDIに入社。

研究所において、ATM交換方式、IPネットワーク管理・制御、次世代インターネットの研究を担当していました。

2013年、KDDI研究所執行役員。

その後、運用システム開発部長、運用支援システム開発に携わりました。

2022年6月8日、KDDI財団の新理事長に就任。

【KDDI財団とは?】

KDDIグループとして国際教育支援等の社会貢献活動を行っている公益財団法人。

57歳頃、かなりの若さで新理事長に就任していることからとても優秀な人物であることがわかりますね。

阿野氏の業績についての評論を確認すると・・・

阿野茂浩君は, インターネット勃興期にATM技術によるTCP/IPトラヒックの広域網への効率的収容方法を研究開発し, 世界初の日米間ATMデータ転送トライアルを通じその有効性を実証, さらに商用サービスへの適用を実現. また, 国際標準化の観点から, IPネットワークの品質規定の必要性をいち早く見抜き, ITU-T品質規定勧告にその知見を反映, また運用支援システムへのサービスレベル監視の導入を実現し, 通信への情報処理分野の役割拡大に大きく貢献.

https://www.ipsj.or.jp/annai/aboutipsj/fellow/ano.html#:~:text=1987

評論自体がとても難しい内容です。

一般人が一回読む位では頭に入りませんね。

それくらい難しいことに取り組んでいたということなのでしょう。

これだけの業績をあげた人物が覚醒剤保持で逮捕され、全てが水泡に帰してしまうことは本当にもったいないと思います。

高校や大学など学歴は?

阿野氏の学歴はどうでしょうか?

調査しましたが、高校については一切情報がありませんでした。

高校を卒業すると「早稲田大学理工学部電子通信学科」に進学しています。

その後、早稲田大学院の修士課程を修了しています。

学力がとても高いことがわかります。

早稲田大学に進学していることからも、高校はある程度の進学校に通っていた可能性が高そうですね。

まとめ

KDDI財団理事長の阿野茂浩氏について経歴やプロフィールについてまとめました。

覚醒剤で逮捕されたことによって、今まで積み上げてきたものが崩れてしまいました。

業績を読むと、日本の通信の発展に寄与していたこともわかりますので尚更残念ですね。

深く反省し、罪を償って欲しいと思います。

話題
hiroをフォローする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました