【特定 】元ブリーダー渡部幸雄の自宅住所や飼育場!Wiki経歴も!

話題

2024年6月27日、6月6日から12日の間にトイプードルやポメラニアン等の小型犬3匹を生きたままビニール袋に入れて窒息死させたとして元ブリーダーの男が逮捕されたと報じられました。

逮捕された男は元ブリーダーの渡部幸雄容疑者。

とても胸糞悪い事件ですね。

渡部容疑者とは一体どのような人物だったのでしょうか?

また、容疑者の自宅住所や経営していた飼育場はどこだったのでしょうか?

本記事でまとめました。

自分勝手に犬を始末!

渡部容疑者は調べに対し、繁殖犬はもらい手がなくエサ代がかかるため始末したと明かしたそうです。

また、それがブリーダーの責任であるとも述べていました。

なんとも身勝手な男ですね。

しかもその方法がかなり残忍です。

渡部容疑者は犬が入ったケージごとビニール袋に入れ袋を密封、長時間放置して窒息させていました。

窒息させられた犬は苦しかったでしょうね。

結局、ブリーダーとして運営が困難であったため「エサ代に困り始末した」ということですね。

ネット上の意見として、「同じ方法で罰を受けさせたい」という辛辣なものもありました。

それだけ残酷なニュースだったということでしょう。

【顔画像】元ブリーダー渡部幸雄のWiki経歴!

渡部容疑者のプロフィールです。

  • 名前:渡部幸雄
  • 年齢:81歳
  • 職業:元ブリーダー、現在は無職
  • 罪状:動物愛護法違反の疑い

渡部容疑者の経歴などは現在までの報道では明らかになっておりません。

ただ、情報では渡辺容疑者はこれまで小型犬170匹以上を飼育しその多くをペットオークションで販売していたようであり、2022~2023年の間に計約3600万円を売上げていたそうです。

相当儲けていたことがわかりますね。

いつからブリーダーとして活動していたか不明ですが、「渡部幸雄」の名前で調査すると繁殖者としての登録番号を保有しておりペットショップに引き渡していたようですね。

金儲けのためだけに犬を育てていたのでしょう。

犠牲になってしまった犬が本当にかわいそうですね。

自宅住所や飼育場を特定!

渡部容疑者の自宅住所や飼育場はどこなのでしょうか?

報道では「埼玉県入間郡毛呂山町」とありました。

報道では具体的な番地は明らかになっていませんでしたが、調査を進めていくと・・・

埼玉県入間郡毛呂山町西大久保」という地名の、ある番地に所在があることを特定しました。

報道にあるように当該施設はクリーム色と青色の壁、「立ち入り禁止」の看板が確認できます。

引用:GOOGLEMAP

GOOGLEMAPで確認できた施設とまったく同じです。

ただ、具体的な番地に関しては掲載は控えさせて頂きたいと思います。

まとめ

本記事では、元ブリーダー渡部幸雄容疑者のWiki経歴や自宅住所・飼育場についてまとめました。

渡部容疑者の所業はまさに鬼畜のそれですね。

ただ、こういったブリーダーは氷山の一角なのだと思います。

今回この事件が明るみに出たのも内部からの密告だったようです。

このような悲しい事件が少しでも減ってくれることを祈りたいですね。

話題
hiroをフォローする

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました